So-net無料ブログ作成
検索選択

精密検査 [病気・通院]

一昨日、藤沢にある日本大学動物病院(ANMEC)に行ってきました。

IMG_2100.JPG

あの時からずっと心配だった首の傾き(斜頚)の精密検査のためです。

その後も眼振なし、足のふらつきもなし、食欲旺盛の状態は変化なしでした。

IMG_2101.JPG

午前中、レントゲン・血液検査など行いましたが、疑わしい耳内部の病状が特定できませんでした。

詳しく調べるにはやはりMRI、CT検査に頼らざる得ないとのこと。

全身麻酔しなければなならいMRI、CT検査。そう簡単なことではありません。

医師からも「もしもの・・・ときの麻酔のリスクはご理解ください」と。

避けたかった麻酔ですが、原因究明のためには仕方がないことです。

 

午後から行われMRI,CT検査結果。

脳・神経系の異常はみられないとのことでまずはホッとしました。

しかし、右側鼓室に膿の貯留がみられるため、中・内耳炎だろうとのことでした。

※鼓室とは鼓膜奥にある鼓膜の振動を伝える「中耳」の部分。

そして、一番心配だった聴力について。

麻酔中しながらの脳波による左右の聴力検査の結果、

右耳はほとんど聞こえていないとのことでした。

はやり原因は中・内耳炎の炎症によるものだろうとのことです。

それにより斜頚の症状がでていたようです。

外科手術で炎症を取り除いても・・「聞こえるようになる」保証はないそうです。

 

もっと早く、気がついてあげれなかったのか・・・。

早くきちんと診ていただかなかったことが悔やまれます。

IMG_2102.JPG

検査終了後、検査室から出てきたガスを見たとき涙が出そうになりました。

まだ麻酔が完全に切れておらず、朦朧としています。

右手の包帯(注射針のあと)も痛々しい。

IMG_2104.JPG

車のなかでもぐったり。いつも元気印なガスではありません。

 

こちらの大学病院では検査のみでした。

検査結果は主治医に連絡がいき、それをもって治療方針を話し合っていきます。

 

耳は脳や神経系にも近く、炎症が深部にも波及してしまうと・・・

いろんな障害がでてくる怖い場所です。

しかも症状がわかりにくく厄介です。

外耳炎を繰り返している子、実は内・中耳炎だったということもあるようです。

日常生活の中で些細なしぐさでも「おかしい」と思ったら

すぐに信頼できる医者に診ていただくことをお勧めいたします。

 

参考までに・・・精密検査にかかった費用を書いておきます。

診察・注射料:6,830円  血液・生化学検査料:10,790円

神経科検査料:11,550円   外部依頼検査料:5,250円

画像診断料:67,200円  心機能検査料:3,950円

合計:105,570円でした・・・・・。ガックリ。

 

フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

 


nice!(8)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
Powered by NINJA TOOLS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。